世界の機械を停めない世界の機械を停めない

オイルシステム

エアー駆動微量吐出システム

エアー加圧式圧送タンク MH-20D-A型

エアー加圧式圧送タンク MH-20D-A型

ローコスト型の噴霧冷却装置です。

  • マニュアル閲覧
  • カタログPDF閲覧
  • DXF図面データ閲覧

仕様

入力空気圧力 0.7MPa(最大)
通常使用空気圧力 0.1〜0.3MPa
使用粘度範囲 2〜100mm2/s
タンク有効容量 2L
フィルター ろ過精度40μ
(オイル吐出側) 交換用フィルターエレメント/型式FXE
スプレイノズル
使用可能本数
1〜4本
タンク材質 A5052TD-H34
質量 3.3kg
オプション仕様
 オイルレベルスイッチ
接点容量
接点形式
AC・DC200V 0.5A 30W
A接点(NO)
 電磁弁 2方向/3方向、AC100V/200V DC24V

ご注文方法

型式コードNo.オイルレベルスイッチ
MH-20D-A 222138 なし
MH-20D-A-L 222195 あり

正しい使い方

使用液剤によってはパッキン類が劣化します。必ず事前にお問い合わせください。
速乾性、特殊油剤を使用する場合はご相談ください。
警告
タンクに空気を加圧中には、絶対にオイルの補給を行わないでください。
給油口フタが飛んでケガをする可能性があります。
 

資料

外形寸法図
外形寸法図
使用例

1.上記の場合でオイル切れを良くするためには3方向電磁弁を使用し、MH型ポンプ内のエアーをすばやく抜くことにより、オイル切れが良くなります。

MH-20D-A型


2. A.MH型ポンプから出た、エアー回路・オイル回路ともに2方向の電磁弁を追加使用することにより、瞬間的に噴霧冷却のON/OFFが行えます。また、この場合エアー回路の電磁弁をOFFの状態にすることにより、スプレイノズルよりオイルだけを出すことができます。 B.最初から噴霧を使用しない場合には、エアー回路の電磁弁の代わりに2方向のコックバルブを使用するか栓(メクラ)をして止めてください。

MH-20D-A型


3.使用例2-Aの先端をスプレイノズルの代わりに、分配器(コントロールユニット)を使用することによりエアーポンプとして使用できます。

MH-20D-A型


カタログダウンロード

関連製品

このページの上に戻る