世界の機械を停めない世界の機械を停めない

オイルシステム

エアー駆動微量吐出システム

エアー駆動式速乾性対応微量吐出ピストンポンプ VBP型

エアー駆動式速乾性対応微量吐出ピストンポンプ  VBP型

生分解性加工油、速乾性加工油をはじめ 幅広い液剤が使用できます。 エアーの供給だけでポンプ制御(パルス発振器使用の場合)ができるため、防爆区域での使用が可能なポンプです。

  • マニュアル閲覧
  • カタログPDF閲覧
  • DXF図面データ閲覧

仕様

吐出量 0〜0.07mL/ショット
吐出サイクル 2回/秒(最大)
ポンプ比 1:5(空気圧力0.3MPa時吐出圧力1.5MPa、
吐出量0.05mL/ショット時)
使用空気圧力範囲 0.3〜0.7MPa
0.4〜0.7MPa(パルス発振器仕様)
使用粘度範囲 2〜180mm2/s
標準ポンプ回路数 1.8Lタンク:3回路
3.0Lタンク:5回路
タンク容量 1.8L、3L樹脂タンク(標準)
ポンプ回路、タンク容量の組合せの特殊ユニットも承ります。

型式

形式コードNo.回路数ジェネレータータンク
1.8L 3.0L
VBP-1 112740 1    
VBP-2 112741 2    
VBP-3 112742 3    
VBP-1-G 112746 1  
VBP-2-G 112747 2  
VBP-3-G 112748 3  
VBP-1-3 112752 1    
VBP-2-3 112753 2    
VBP-3-3 112754 3    
VBP-4-3 112755 4    
VBP-5-3 112756 5    
VBP-1-G-3 112762 1  
VBP-2-G-3 112763 2  
VBP-3-G-3 112764 3  
VBP-4-G-3 112765 4  
VBP-5-G-3 112766 5  

正しい使い方

特殊液剤を使用する場合には、ご相談ください。
取扱説明書をご覧ください。
 

資料

外形寸法図
外形寸法図

VBP型ポンプ各調整部の調整方法

油量調整ノブ回転数-吐出量
ノブの回転数012468101214
1ショット当たりの吐出量 0 0.01 0.01 0.02 0.03 0.04 0.05 0.06 0.07
単位:cc/shot
油量調整ノブ回転数-吐出量

注意:1回転以下での目盛り設定は吐出量が不安定になります。なるべく1回転以上の設定でご使用ください

パルス発振器調整方法

マイナスドライバーで表2を参考に調整をしてください。尚、「目盛と吐出回数」の値は参考値で、パルス発振器個々のバラツキは±30%程あります。表の値はあくまでも目安として、微調整を行ってください。

目盛-吐出回数
位置目盛加圧空気圧力(MPa)
0.3 0.4 0.5
? 150 130 120
? ? 3 3 3
単位:回/分
パルス発振器調整方法
△注意
1. パルス発振器の吐出回転数は上記のように、加圧空気圧力によって変化します。加圧空気圧力は必ず減圧弁で 圧力設定してください。
2. パルス発振器の目盛で、位置?〜?間の■部では使用しないでください。
エアー抜き方法

ポンプの初期運転時には、エアー抜き作業が必要となります。エアー抜きは吐出量を最大(ノブ14回転)に設定して ポンプを運転させるか、手動ボタンを操作することにより行います。

カタログダウンロード

マニュアルダウンロード

STEP図面ダウンロード

関連製品

このページの上に戻る